名刺デザインの相場

できるだけコストをかけずに名刺を作成したいと思う方もいれば、デザインに拘って作成したいと思う方もいるでしょう。
シンプルなものを作成するのであれば、3000円~5000円でデザインすることが可能であり、デザインを拘るとなるとそうはいきません。
デザインだけでなく、マットポスト紙やヴァンヌーボ紙といったビジネスで使う一般的な名刺の用紙を使わずに、半透明フィルムを使うとさらに料金はアップします。

デザインを凝るとなると料金は3〜5万円ほどする上に、ロゴを作成するとさらに料金はアップし、10万円以上になることも珍しくありません。
デザインに拘った名刺を作成したいと思う方は、どれくらいの予算があり、その予算内で収まるのかを考える必要があります。
ご自身で新しいデザインを一から作成するとなると、予算オーバーとなる要因となるため、プロが作成したデザインの中から選びという方法があります。
これは、インターネットで注文ができるものであり、デザインを選べる上に、20種類近くの用紙からデザインにマッチしているものを選ぶということもできます。

デザイン料の相場を知り、その上で予算内に納めるためには、少しでも安くする努力が必要になります。
上記のような方法もあるので、これから名刺作成をするという方は参考にしてください。

 

社会人に必要な名刺を作成しましょう

名刺は、本人が自らの名前と所属・連絡先など示すために他人に渡すことを目的としたカードです。名刺は自己紹介の一環として交換したり、職業上の意義のためにタ和されるものです。

一般的に氏名をもっとも強調し所属・連絡先を記載する。中には顔写真や、ウェブサイトのURLメールアドレスを記載しているものもある厚い紙が用いられ、携帯の利便性から人の手より小さいサイズの紙を使用します。日本の標準サイズは91ミリ×55ミリ。主に女性用として丸く処理したものが好んで用いられます。そして、舞伎用と花名刺があります。

名刺は買うと100枚300から800円円ほどで、名刺用印刷機は600万となっています。作成は簡単で名前・所属・連絡先を打ちます。そして、カラー・柄いろいろなデザインで相手に好印をあたえられる・印象に残ることで名刺は社会にとってとっても大事なものなのです。たとえるなら、チラシのようなものでもあります。ですが1枚1枚大切に作成・製作することで人生がかわることがあるかもしれません。

 

名刺の作成とTPOについて

私は、司法書士・土地家屋調査士・行政書士を業としており、精神科医も行っています。私の名刺の作成とTPOについて書きます。私は上記のように4つの資格を保有をし、名刺作成をし、お配りしていますが、実際は3種類の名刺を使用しています。

一つは司法書士・土地家屋調査士・行政書士の名刺を2種類、使用しています。司法書士は銀行とのつながりがあるため、銀行用の名刺は厚手の白紙に縦紙で明朝体で記載された名刺です。昔のスタイルのものです。その記載内容は、事務所名と氏名と資格名と電話・FAX番号と電子メール及びURLが書いてあります。

もう一つは、土地家屋調査士の業務である境界確認作業において利害関係人に配布する名刺です。これは、堅いイメージをくずし、利害関係人の不安を与えないような横紙にゴシックで事務所と住所と資格名と事務所の電話番号を記載したものです。これには、電子メールとURLは書いていません。それは、電子メールでの質問を受け付けていないことが理由です。背景は私の好きな海の景色を入れています。

もう一つは精神科医としての名刺です。これは縦紙に明朝体で医院名と住所及び電話番号と資格名が書いてあります。TPOに合わせて名刺を作成し、お配りすることは相手の印象に良いものと信じています。

WEBでの作成の費用

パソコン名刺を作成する際には、印刷会社とFAXでの校正のやり取りなどをおこなうのが当たり前でしたが、WEBから名刺作成をすると、このやり取りは不要となり、時間短縮となります。
また、名刺データを探す手間もかからなくなるので、おすすめの方法です。
この方法で大幅なコストダウンに成功し、名刺を持ち込んで作成してもらうという従来の方法よりも大幅に安上がりにインターネットで発注できるようになりました。

すぐに名刺を作成したいと思っても、上記のようなやり取りなどをするとなると、どうしても時間がかかってしまいます。
そのため、インターネットを活用してのオーダーは、オーダーをしてから印刷し、すぐに発送となるので、何も手間がありません。
印刷コストを下げたいと思う方にピッタリの方法であり、多くの方がこの方法を活用しています。

インターネットさえ繋がっていれば、誰でも使用可能となっており、特別なアプリケーションをインストールする必要もないです。
今現在使用している名刺デザインがあるのでしたら、そのままシステムに登録することが可能であり、システム設定後の確認や印刷テストの結果を確認すれば、すぐに作成に取り掛かるので、スピーディーです。

従来の名刺作成方法と比べると、様々な面で優れているのが、WEBでの名刺作成です。
この事業をおこなっている会社は多数あるので、検索をすればすぐにヒットするので、探してみてください。

参考サイト→名刺
インターネットから注文ができる名刺作成業者「デザイン名刺.net」です。

 

名刺作成は早くて簡単リーズナブルに。

会社が移転したのに伴い、新しく社員の名刺作成をする必要がでてきました。今までは、会社の近くの印刷屋い依頼をしていました。まず初回は版下作成料を払い、版下を作成してもらい、その後は印刷代を別途払うということをしてきました。

今回名刺作成を注文するにあたり、いろいろ調べてみたところタイプも価格も様々でした。

ネットで入稿すると、翌日お届け可能なサービスがありました。版下はこちらでつくるので発生しないという、印刷代の価格のみということでした。

文具を中心に注文配達をしているアスクルでは、「翌日名刺」というものがありました。数々のパターン(ひな型)を選択し、会社名、住所、部署、指名などを入力するだけの手軽なものでした。このアスクルでは名刺作成が手軽なだけでなく、随分手頃な価格ででき、納品も早いとのことでした。

センスのある人なら、自分でレイアウトを考えて、作成、印刷してしまうのもありだと思います。オリジナルだからこその個性が生かせるのではないでしょうか。

 

初心のかたへ 名刺印刷のススメ

仕事で名刺を持つのが必要な方は多いと思われます。名刺は、印刷会社や文房具店等で名刺の作成のサービスを行っていてそういったサービスを利用する作成の仕方もあれば、名刺用紙を個人で買って作るという方法もあります。店舗のサービスで作成する場合は、名刺のテンプレート等があらかじめ何種類か用意されていて、そのテンプレートからお好きなものを選んで頂きます。

デザイン等よほど凝ったものでない場合、サービス利用が混雑していない場合であれば、1日もかからないと思われます。早い所だと申し込んで1~2時間位のお店もあります。また、同じサービスを利用したお店に行ってもう一度同じものを作ってもらう時はお店に前回作ったデーターが残っていますので、その場ですぐに印刷していただけます。名刺が切れた時は便利ですよ。名刺を作る時間がない方、自分で作るのが面倒な方は、店舗のサービスを利用するのがオススメですよ。

名刺作成の方法はもう一つ、自分で作成する方法です。店舗で作成する場合は、どうしてもお値段がかかります。安く作りたい、デザインが凝ったオリジナリティあふれるものを作りたい場合は、市販の名刺用紙を購入される事をオススメします。購入されたプリンター用紙にテンプレートが無料で配布されているホームページのURLが記載されていると思います。そこへアクセスし、お好きなテンプレートを使って作成されてみてはいかがでしょうか。店舗とはまた違ったお洒落なテンプレートが盛りだくさんです。用紙の色や柄を変えてみるのも良いかもしれません。みんなとは一味違ったオリジナリティ溢れるものを作ってみましょう。

名刺作成のコスト

お財布名刺を作成したいと思った時に気になるのは、やはりコスト面でしょう。これはピンキリであり、高く作成することもできれば、安く作成することも可能です。デザインを一から起こす際は、デザイン料と印刷にかかるコストの合計が作成費となり、デザインが何種類か用意された中でテンプレートに文章だけ流しこむ使用のものだと、デザイン料がかからないこともあります。

しかし、やはりお仕事で使うものであるならば、オリジナルのデザインの方が印象に残るので、おすすめです。デザインは内容によりコストの増減があり、印刷料は枚数により変動があるので、一枚でいくらのコストがかかるかを把握した上で作成するようにした方が良いでしょう。

一般的には、シンプルなデザインの場合は3000円~5000円が相場となっており、デザインが凝ればどんどん料金が高くなっていきます。リーズナブルに作成をしたいという方は、シンプルな名刺が良いでしょう。

また、印刷料の相場は、シンプルなモノクロの片面印刷の場合は、100枚で1000円です。一度に多く発注することで、一枚あたりのコストダウンするショップも多数あるので、大量に名刺を作成する時には、こういったショップを探すのが重要となります。

また、お仕事で使う名刺を会社内で作成する際には、何名か分の名刺を同時発注することによって、料金がお安くなるというサービスなどもおこなっているショップも多いです。こういった工夫をおこなうことによって、さらにお安く作成することができるので、活用すべきです。

 

名刺作成はインターネットを利用すると便利だと思います

最近では、インターネットを利用して名刺を作成することができます。検索すると、たくさんの名刺作成業者があります。サイト内で希望する紙の材質や色、印刷する文字や色を自由に指定することが可能です。イラストなどのデザインを入れることも可能な業者も多いようです。急に必要な場合でも、短時間で作成、配達してくれる業者があります。

料金は紙の材質や使用する色の数などによっても変わります。また、枚数が多くなればそれだけ単価は安くなる場合が多いようです。今、持っている名刺と同じデザインの名刺が欲しい時には、データを送るとその通りに作成してくれる業者などを利用すれば簡単に作成することができます。

インターネットを利用した名刺作成では、自分の好きな時間に依頼することができ、また、自宅からでもやり取りが可能などで、忙しい人には時間の節約にもなるでしょう。名刺作成の見積りでも、一回条件を入力すれば見積りを一括してとることができるサイトなどもあります。

 

名刺の印刷は低価の所が本当に多いです。

名刺と言えば社会人の必須アイテムですが、印刷会社などで印刷すると結構な値段になったりします。デザインを施した名刺の台紙に文字を入れてもらうだけであればそんなに値段はかかりませんが、デザイン自体の印刷などをお願いするとすごく値段が上がります。自分のみの自営業者には先々、社員を雇う予定がない限り、少し損な感じもします。

そのため最近ではパソコンも高性能なので自分で自主作成する方も珍しくありません。しかし名刺は、営業の第一歩ですし、専門の方の助けがあった方がより良いのは言うまでもありません。

そんな中で今一番低価で質の良い物を作成できる業者は、インターネット上に潜んでいます。技術はあるのに名前が通っていないだけの業者も多いので素晴らしい物を低価で手に入れる事もできます。このようにより良い物をインターネット上で今では見つける事ができます。名刺でお困りの方はインターネット上を探してみるのも良いかもしれません。