できるだけコストをかけずに名刺を作成したいと思う方もいれば、デザインに拘って作成したいと思う方もいるでしょう。
シンプルなものを作成するのであれば、3000円~5000円でデザインすることが可能であり、デザインを拘るとなるとそうはいきません。
デザインだけでなく、マットポスト紙やヴァンヌーボ紙といったビジネスで使う一般的な名刺の用紙を使わずに、半透明フィルムを使うとさらに料金はアップします。

デザインを凝るとなると料金は3〜5万円ほどする上に、ロゴを作成するとさらに料金はアップし、10万円以上になることも珍しくありません。
デザインに拘った名刺を作成したいと思う方は、どれくらいの予算があり、その予算内で収まるのかを考える必要があります。
ご自身で新しいデザインを一から作成するとなると、予算オーバーとなる要因となるため、プロが作成したデザインの中から選びという方法があります。
これは、インターネットで注文ができるものであり、デザインを選べる上に、20種類近くの用紙からデザインにマッチしているものを選ぶということもできます。

デザイン料の相場を知り、その上で予算内に納めるためには、少しでも安くする努力が必要になります。
上記のような方法もあるので、これから名刺作成をするという方は参考にしてください。

 

社会人に必要な名刺を作成しましょう

名刺は、本人が自らの名前と所属・連絡先など示すために他人に渡すことを目的としたカードです。名刺は自己紹介の一環として交換したり、職業上の意義のためにタ和されるものです。

一般的に氏名をもっとも強調し所属・連絡先を記載する。中には顔写真や、ウェブサイトのURLメールアドレスを記載しているものもある厚い紙が用いられ、携帯の利便性から人の手より小さいサイズの紙を使用します。日本の標準サイズは91ミリ×55ミリ。主に女性用として丸く処理したものが好んで用いられます。そして、舞伎用と花名刺があります。

名刺は買うと100枚300から800円円ほどで、名刺用印刷機は600万となっています。作成は簡単で名前・所属・連絡先を打ちます。そして、カラー・柄いろいろなデザインで相手に好印をあたえられる・印象に残ることで名刺は社会にとってとっても大事なものなのです。たとえるなら、チラシのようなものでもあります。ですが1枚1枚大切に作成・製作することで人生がかわることがあるかもしれません。

 

名刺の作成とTPOについて

私は、司法書士・土地家屋調査士・行政書士を業としており、精神科医も行っています。私の名刺の作成とTPOについて書きます。私は上記のように4つの資格を保有をし、名刺作成をし、お配りしていますが、実際は3種類の名刺を使用しています。

一つは司法書士・土地家屋調査士・行政書士の名刺を2種類、使用しています。司法書士は銀行とのつながりがあるため、銀行用の名刺は厚手の白紙に縦紙で明朝体で記載された名刺です。昔のスタイルのものです。その記載内容は、事務所名と氏名と資格名と電話・FAX番号と電子メール及びURLが書いてあります。

もう一つは、土地家屋調査士の業務である境界確認作業において利害関係人に配布する名刺です。これは、堅いイメージをくずし、利害関係人の不安を与えないような横紙にゴシックで事務所と住所と資格名と事務所の電話番号を記載したものです。これには、電子メールとURLは書いていません。それは、電子メールでの質問を受け付けていないことが理由です。背景は私の好きな海の景色を入れています。

もう一つは精神科医としての名刺です。これは縦紙に明朝体で医院名と住所及び電話番号と資格名が書いてあります。TPOに合わせて名刺を作成し、お配りすることは相手の印象に良いものと信じています。

名刺デザインの相場